◆「車中泊キット」の内容リスト

車中泊避難を選んだのならば、自動車の機能をフルに利用した避難をしましょう。

自動車には冷暖房の機能があるので、暑さ寒さをしのぐことができます。

当然、避難中でもガゾリンが続く限り、自由に移動ができます。

自動車にはサスペンションがあるので、余震で多少揺れてもこれを吸収する一方、狭い車の中に閉じこもるため、エコノミークラス症候群の発症の例も多数報告されています。

特に電源や暮らしの面で、クルマならでは、の機能を活かせる物品をリストしました。避難所/自宅避難キットとは別に用意し、トランクに積んでおきましょう。

1.    家庭用電源のほか、自動車のシガー・ソケットからも充電して使える充電池

大自工業 ポータブル電源 アクティブパワー SG-1000

自動車の強みは電源。自分で発電し、バッテリーに貯めて使います。最近のワンボックス・カーには家庭用のコンセントがついているものもありますね。

このポータブル電源は、家庭用の電源かクルマのシガー・ソケットで充電して使うものです。アウトプットは自動車のシガー・ソケットと同じ形状のものが2個。シガー・ソケット対応の電気製品が利用できます。

Amazonで買う 7,280円(2018年6月5日現在)

Yahoo!ショピングで買う 6,930円(2018年6月5日現在)

2. 自動車のシガー・ソケットに接続できる電気ケトル

セイワ ボトル電気ケトル

車中泊の際には、シガー・ソケットを使ってお湯をわかすことができるので、カップ麺などのお湯が必要なものを食べたり、お茶をいれたりができます。このケトルは、ボトル内の水温が85℃に達するとOFFになる自動加熱OFF機能付きで安心です。

Amazonで買う 2,327円(2018年6月5日現在)

Yahoo!ショピングで買う 2,440円(2018年6月5日現在)

3. 車内カーテン

ボンフォーム 車内カーテン ミニバン用

避難所の中はプライバシーがありませんが、避難所の駐車場などで車中泊する場合も同じです。クルマの周りを多くの人が通りかかり、中が丸見えです。これを防ぐために、プライバシーを守るカーテンを用意しておきましょう。
Amazonでは前後のセット、Yahoo!ショッピングでは、前席用、後席用別々のページになります。

前後セットをAmazonで買う 6,185円(2018年6月5日現在)

前席用をYahoo!ショピングで買う 1,980円(2018年6月5日現在)

後席用をYahoo!ショピングで買う 3,780円(2018年6月5日現在)

4. コンテナ・ケース

アイリスオーヤマ バックルコンテナ BL-21 クリア

上記のものを1つにまとめるコンテナ・ケースです。
いつでも車のトランクに入れておきましょう。

Amazonで買う 1,227円(2018年6月5日現在)

Yahoo! ショッピングで買う 1,000円(2018年6月5日現在)